2017年 06月 09日 ( 1 )

幼児番組収録話(きょういくばんぐみのうら)

()

b0031140_19150828.jpg
(番組作りとは:2017年5月29日撮影)


 地元の世捨て人一家と一緒にNHKへ行く。

 世捨て人が娘のため、公開収録番組に参加応募をし、当選した。半年ほど続けたようだ。

 収録に参加出来るのは、保護者ひとりだけで、本人確認が結構厳しい。

 収録の間、参加出来る保護者以外は、スタジオパークの見学スペースで覗くことになる。

 そのスペースには、父親の外、待っている兄弟もかなりいる。

 幼児相手ということもあり、出演者は大変だろう。

 それにも拘わらず、リハーサルがある。

 モニター、ガラスより見ていると、声は聞こえないものの、なかなか慌ただしい。

 また、フラフラ歩く子供対策として、エプロンをした保育士らしい女性も何名かいる。

 番組は三十分弱だが、収録は一時間以上掛かる。

 最後、記念撮影もある。

 何れにしろ、立ち通しのため、疲れを覚える。

 外に出ると、喉の痛みを感じる。

 尚、放送は七月という。

(第五千三十一段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-09 19:12 | 社会心理 | Comments(0)