2017年 06月 07日 ( 1 )

荻窪関東乗合車(かんとうおぎくぼからりっきょうじょがくいんけいとう)

()

b0031140_18444997.jpg
(関東バス「荻40」系統)


先に観た『家族はつらいよ2』では、監督のこの国における悲惨な現状が伝わって来る。

 生活保護を受けられるほどの生活なのに、自己責任ということで申請をしない人、更には、安心して年を重ねることが出来ない社会、一度失敗すると相手にしない周囲。

 何れも社会病理に違いない。

 現在、権力側にいないと、何も出来ず、少しでも声を上げると、抹殺される世になっている。

 尋常ではない。

 人権が軽視されつつあるため、国連より、意見があっても、それに抗議をする始末となっている。

 そうした中の五月二十八日、学生時代の友人らとの集まりである。今月は、荻窪から立教女学院までの関東バス「荻40」系統に乗

る。狭隘を走るバスだ。

 本数は結構ある。

朝の内、曇っていたが、段々と日差しが強くなってくる。
待ち合わせは十三時だが、多少早く出、渋谷、三宅坂を回る。芝

居のチラシを入手するためだ。
三宅坂から四ツ谷まで歩くと、かなり暑い。中央線で荻窪へ向、

待ち合わせとする喫茶店を探すも意外にない。
結局、ファーストフード店となる。
面子が揃い、十三時十分のバスで、立教女学院を目指す。中型バ

スだ。西荻窪を過ぎた辺りから、狭隘となる。この系統は立教女学

院から別ルートで西荻窪、荻窪へ戻る。
立教女学院は井の頭線の三鷹台の近くで、散策しながら、吉祥寺

へと足を延ばす。
井の頭公園から吉祥寺までは、どこの店も込んでおり、結局、い

つも通り中華料理となる。
列車に乗る前、銭湯へ行く。浴室の絵は富士だ。

(第五千二十九段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-07 18:42 | 余暇 | Comments(0)