2017年 06月 03日 ( 1 )

政権大怪物(せいけんのあやしさ)

()

b0031140_18581236.jpg
(たったひとりの指導者が狂気に取り憑かれると:2017年5月24日撮影)


全く蝙蝠である。
現首相のことだ。鳥か、哺乳類か分からない。
国民は、たったひとりの指導者のために、危険な道を歩もうとし

ている。迷惑な話しだ。
そうした中、イギリスではテロ、北朝鮮はミサイルを頻繁に発射

している。
今後、首相の対応次第では、更に、可笑しな方向へ進むだろう。
それにしても、戦後、これほど、平和に対し、不安を覚えさせる

首相がいただろうか。

監房長官の発言も、政権に都合の良いように解釈し、辞書の意味

さえ変える感じだ。
それも影響しているのか否か、先日の報道を天皇が否定した。
退位に関する件だ。
このような時代でも、テレビではバラエティ番組ばかりを放送し、

ネットでは右派が元気だ。
有権者の多くもまた儲けしか頭にないようで、平和が続くものと

思い込んでいる。取り巻く環境は、日々、厳しくなっている。

(第五千二十五段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-03 18:56 | 社会心理 | Comments(0)