2017年 06月 02日 ( 1 )

越冬魚(どじょうのはなし)

()

b0031140_07324597.jpg
(水換え後の鉢:2017年5月23日撮影)


 地元の世捨て人から連絡がある。

 飼育している泥鰌のことだ。

 外飼いでは、冬の間、基本的には何もしない。このため、無事に越冬出来たか、分からなくなっていた。金魚と泥鰌を飼育しており、金魚は四月に確認されていたものの、泥鰌は確認されていなかった。

七十五パーセントの水換えをしたところ、底で泳いでいる姿が確認されたという。

昨年、金魚と泥鰌を一緒に飼い出し、一週間ほどして、餌をやったところ、金魚が泥鰌を追い回すようになったと聞いたので、心配していた。

これは、泥鰌にとって、かなりのストレスに違いない。

金魚は和金のため、かなりの速度で泳ぐ。

反対に、泥鰌は底にいるので、浮く餌だと、気付くまでに時間が掛かる。

餌を食べていない可能性も高い。

最近では、餌をやっても上がって来ず、代わりに、沈下性のものをやっていたとのことだ。

また、青水のため、底が見えなかったこともある。

(第五千二十四段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-02 07:29 | 余暇 | Comments(0)