人件費問題(あんぜんにはかえられぬもの)

先の続きである。
 利用者が鉄道業に、まず求めるのは安全である。次に、正確さ、利便性であろう。
 ホームに駅員を置かないのは、カメラを設置し、それで安全が充分と思っているからに他ならない。その裏には、人件費の問題もあるに違いない。会社側は効率と考えているのだろうけれど、利用者にとっては、危険が増えたと感じるだけである。
 大体、人件費とは必要経費である。これを無駄と捉えるか否かで、その会社の姿勢が分かる。
 人件費絡みでいえば、この朝に訪れた図書館も、正職員ではなく、派遣に置き換えている。
 その影響か、表にあるブックポストに入れようとしたところ、鍵が掛かっていた。これまで、こうしたことはなかった。
 ここは、幸いなことに区役所と隣接している。
 そこの宿直室で確認すれば、宿直室のすぐ脇に、夜間用のポストがあるという。
 夜間用について、表には書かれていなかった。
 サービス精神が足りない。
(第千六百二十段)
[PR]
by akasakatei | 2008-02-06 21:45 | 産業 | Comments(0)
<< 市場原理主義嘘(こうりつのうらめ) 早朝鉄道業(あんぜんへのぎもん) >>