上層力(ろくじゅうねんまえのひげき)

 前に、パソコンのキーボード「@」が壊れたことを書いた。それから、半年以上が過ぎ、次に壊れたのは「L」である。
 櫛の歯が抜けるといえば良いのか、それとも、抜け毛か、何れにしろ、値段の割りには簡単に壊れると思う。
 たぶん、メーカーが外資系のいい加減な会社だからだろう。今度、買い替えを検討する時は、話しの通じない外資系よりも国産にしようと考える。
 とはいえ、国産でも話しの通じない会社は多い。
 そういうところは、総じて、外資系特有の合理化とは反対な親方日の丸のような殿様商売が多い。
 鉄道会社に目立つ。
 それでも、女性車掌や女性専用車などを導入した。この背景に、ジェンダーを意識したのか否かは知らないものの、利用者からすれば、前者は兎も角、後者には意味が感じられない。
 先日より、JR中央線も東京寄りの先頭車をそれにした。このため、それまでは一両における乗客数が上手く分散されていたのに、不均衡が生じ、他の車輛の混み具合がひどくなった。改悪である。
 何はともあれ、企業のみでなく、社会形態を見ても分かる通り、トップに変な自信があると、その先の道は同じところを歩むことになる。
(第七百五十三段)
[PR]
by akasakatei | 2005-09-22 22:21 | 産業 | Comments(0)
<< 災害徒歩験(てんさいへのそなえ) 狂甘味(かいこうむねやけ) >>