不可解鏡語(ふしぎさひゃくばい)

 世の中、不可解なことが多過ぎる。
 例えば、最近では、銀行に口座の残高を確認しても、なかなか教えて貰えず、登録の電話番号に折り返すと言う。自宅にいるならば、それでも構わぬが、勤め人は会社にいることが多く、不親切である。常識が欠如しているともいえる。
このように思われないためには、まず、土日祝祭日にも対応を行なう必要がある。会社員を無視した感じで、平日だけにしか対応しないから、常識を疑われるのである。
会社員無視といえば、先日の衆議院選挙において、結局、候補者らの演説を全く聞かなかった。一体、どこで行なっていたのか。
また、選挙公報が自宅に配られたのも遅く、投票日の数日前で、期日前投票をした者にとっては、何を参考にすれば良いのか。配られた選挙公報は、この時点で廃棄物以外の何物でもない。知る機会が奪われている。
結局、投票では、小選挙区においては候補者自身を知らぬため、比例を基準に考える他なく、無所属の候補者にとって、不公平感は拭えない。
(第七百五十段)
[PR]
by akasakatei | 2005-09-19 13:14 | 情報 | Comments(0)
<< 疑生物触合(じこまんぞくどうぶ... 合理化的真手法(ななしの) >>