敗者復活戦(あしきふうしゅう)

 プロ野球のレギュラーシーズンも大詰めである。ホークスを応援する者にとっては、これから始まるプレーオフから目が離せない。
 昨年は、悔しい年であった。今年はどうか。
 どの球団が三位になるかによって、昨年のようになるか否かが決まると思われる。
 三位になる可能性のある各球団は九月初旬の時点で、勝率五割以下である。これらの中には、ホークスが苦手としている球団もある。
 仮に、こうした球団が日本シリーズに出場し、日本一になったとしたらどうなるか。
 昨年ならば、球界の盟主と言っていたセ・リーグにおける巨人のオーナーが怒っていたことであろう。
 だけれど、今後は分からない。何しろ、常勝を義務付けられているのに勝てない。ということは、三位でも、日本一になれる可能性のあるプレーオフを導入するのは時間の問題であろう。
 実際、何ヶ月か前に、検討すると報じられたものの、その後は何も伝わって来ない。検討されているかどうかも知らないが、何れ、巨人のオーナーのひと言で、すぐに決まるに違いない。
(第七百四十三段)
[PR]
by akasakatei | 2005-09-12 12:25 | 余暇 | Comments(0)
<< 米国二百十日(いっかのあおさ) 東京広小路(こうがいへいがい) >>