犯罪都市大東京(とうきょうでのはんざいは)

()

b0031140_18504984.jpg
(聖夜は近いが:2017年12月3日撮影)


先日、宮ケ瀬へ行った際、列車から座間の九人殺しの現場を車窓より見る。
 ブルーシートで覆われていたが、結構、地元でも目にする。
 それだけ、事件が多いのか。
 小説やドラマのイメージで、江戸はバイオレンスシティと勘違いする人がいるが、現代も変わらないだろう。否、ネットがある分、犯罪は増えている可能性もある。
 更にいえば、企業の不正もある。
 経団連会長の会社でもあった。ある弁護士は、どこでもやっており、問題が起きるまで、それを認めるべきだ、とのよく分からぬコメントを出した。混乱するからだという。
 決められたことは行なう必要があり、それを守らないのはどうかと思う。
 そうした折り、先日、怪我をした猿之助丈の初芝居に関する情報が入る。配役変更らしい。

歌舞伎座での高麗屋三代の襲名披露だ。

どのくらい華やかになるのか。

(第五千二百十五段)


[PR]
by akasakatei | 2017-12-10 18:49 | 社会心理 | Comments(0)
<< 新映画鎌倉物語(えいがかまくら... 役者飯(めいゆうのしょくたくをよむ) >>