秋旗日(たいふういっかのはたび)

(

b0031140_19242094.jpg
(バケツにいるのが和金:2017年9月17日撮影)


衆議院解散の話しを耳にする。与党は、今が良いと読んだようだが、野党の頼りなさはどうか。
 特に、民進党は、寄せ集めの弊害がそのまま出ている。
 元々、無理があった。
 疑惑が解明されぬまま、政権が勝利するのか。
 益々、戦争が近付く。
 戦争といえば、沖縄で戦跡が荒らされた。犯人は、地元の少年らのようだ。
 ショックな人も、かなりいた様子だ。
 ショックで思い出したのが、母校のラグビー部だ。合同チームで、花園を目指す模様だ。噂によれば、昨年、亡くなった部員がいると知る。その絡みか。
 そうした中、地元の世捨て人より、水鉢をひとつ増やした話しを聞く。
 病気になった和金用のもので、バケツで冬は越せないと判断したとのことだ。 
 今までのものより、ひと回り小さく、ここで、単独飼育するみたいだ。
 尚、細君は、ベランダが狭くなり、洗濯物で苦労しそうだという。

(第五千百四十八段)


[PR]
by akasakatei | 2017-10-04 19:23 | 社会心理 | Comments(0)
<< 敬老日翌日(れんきゅうあけに) 秀山祭木挽町夜(はりまやのしばい) >>