平成腐政権(とうせいふこうへいしゃかい)

()

b0031140_19202169.jpg

(世を渡るには:2017年8月6日撮影)


古本屋での話しだ。
店主が、通話している。北海道で運転し、自信を持った息子が都

内で事故を起こしたらしい。隣には、女の子を乗せていたとのことだ。
 別の日、警察が、中学生に対し、自白を強要していたことが判明する。
 これまで、何度も、同様のことがあった。
 平成の治安維持法が出来、無理な取り調べが、もっと増えるだろう。
 そうした折りにあった防衛省の隠蔽関係について、このままになってしまうのではないか。
 法治国家ではなく、大本営にしか見えない。
 世は、どうなっていくのか。
 世といえば、新聞投書で、大学生が、何も分からないとする女学生の態度を疑問とするものがあった。これへの反論として、女子大生が大学生を責めるものがあった。男社会が悪いとしている。
 この反論者の書き方を見ていると、敵を増やすような学級委員型のものだ。
 違和感の方が先に立つ。

(第五千百十七段)


[PR]
by akasakatei | 2017-09-03 19:19 | 社会心理 | Comments(0)
<< 両国泥鰌屋二刻(りょうごくよじかん) 戦争遠記憶(まったくおかしなき... >>