裸王様首相(しゅしょうははだかだ)

)

b0031140_18562356.jpg

(お地蔵様は現世をどう見ているか:2017年7月16日撮影)


先日、喉が痛くなったが、後、鼻水、咳、更には、歯茎も腫れ、かなり苦しむ。
 医師は、軽いとの診立てだった。自然治癒で大丈夫という判断だったのだろう。
 とはいえ、横になっても、よく寝られない。魘される。
 悪夢で、寝汗もひどい。
 豊臣秀吉、松尾芭蕉らの辞世の句が頭に浮かぶ。
 そうした状態で起き、新聞に目をやれば、内閣の支持率が出ている。
 以前、首相は、己は総理大臣で、間違っていることはなく、全てが正しいと言った。
 実際には、裸の王様だったということだ。
 同じような思考過程の連中ばかりで、組織を固めると、悪い時、対処出来ないという例のようなものだ。
 それにしても、支持する人の理由で一番多いのが、他に適当な人がいないというものだ。果たして、そうか。保守的な思考に捉われ過ぎな気もする。
                     (第五千八十九段)


[PR]
by akasakatei | 2017-08-06 18:53 | 社会心理 | Comments(0)
<< 深層本性話(こうどうのうら) 映画下北沢(おえどのてんごくのとり) >>