事故発生地(まきこまれ)

()

b0031140_15345982.jpg
(黄色に赤文字の看板をよく見る:2017年7月12日撮影)


エスカレーターで車椅子の事故がある。老人が妻を上げるのに、使っていたという。バランスを崩し、下にいた女性が巻き添えになり、死亡した。

正直、何故、エスカレーターを利用したのか。

普通は、エレベーターだろう。

同様のことは、乳母車でも見掛ける。

見る度、危ないのではないかと思う。

死亡といえば、地元の世捨て人が住んでいる辺りでは、死亡事故発生現場の看板をあちこちで見る。

走っている車を見ると、かなり強引な運転をしている。また、自転車の往来も激しい。

運転手や乗っている人を見ると、目が血走っている。

これらを使う連中は、余裕がなく、己のことだけしか考えていない。

そういえば、先日、仕事場付近で、事故があった。

交番のある交差点だ。

介護の車にタクシーがぶつかり、その影響で、何台かが巻き込まれたようだ。

(第五千八十三段)


[PR]
by akasakatei | 2017-07-31 15:34 | 社会心理 | Comments(0)
<< 立川朝立飛循環(たちかわたちひ... 平成滅社会(へいせいめつぼう) >>