足止日(あしどめされるひ)

()

b0031140_11485955.jpg
(休みの日の過ごし方とは:2017年6月29日撮影)


 ある平日の休み日のことだ。

銀行の窓口に、現金を引き出しへ行く。

 五、十日ではないのに、結構、呼ばれるのに、待たされる。

 漸く、呼ばれれば、印鑑が鮮明でないと、もう一度、捺印を求められる。

 その後もなかなか呼ばれない。

 訝しげに考えていたところ、やっと現金を渡される。通帳の繰り越しをしていたという。

 銀行より郵便局へ向かう。

 記帳だ。

 今度は、ATMだ。

 ここでも足止めを食らう。何度も、入れ直せと表示される。

 仕方なく、窓口へ行けば、磁気が弱くなり、通帳を繰り越すとのことだ。

 いくつかのデザインより新しい通帳を選べというから、磁気の強いものが良いといえば、どれも同じという。

 本当か。

 それらを済ませ、スーパーへ足を運ぶ。

 レジにおいて、また、足止めされる。野菜のバーコードが読めない。

 半日だけなのに疲れる。

(第五千七十三段)


[PR]
by akasakatei | 2017-07-21 11:47 | 社会心理 | Comments(0)
<< 戦日常(たたかいがふつうとなると) 都議選周辺(とぎせんざっかん) >>