都議選笑泣(とぎせんは)

()

b0031140_18143152.jpg
(これから数時間後に東京では:2017年7月2日撮影)


連勝を続けて来た中学生棋士が負けた。スポーツ紙では、この日のメニューの他、先に触れた食事の出前をする店主が出ている。
 勝敗といえば、都議選か。結果を見ると、自民党の自滅より、保守系の受け皿に票が流れた感じだ。
 都知事に関し、以前、ある筋から聞いた話しだと、風見鶏的なところがあるとのことだった。
 実際、それは否定出来ないだろう。
 風見鶏といえば、公明党も同様だ。
 節操なく、あちこちに付いている。
 支持者が何とも思わないのが不思議だ。
 それにしても、我が国では、未だ、保守系政党で選ぶ有権者が多いようだ。
 はっきり言って、保守系政党が、庶民のために、平成に入って何かしてくれたことがあったか。
 痛みばかりだったことを忘れてはならない。
 中間層がなくなったことが、世の不安定さとなっている。
 そうした中、ある噂が耳に入る。
 都内における宿泊施設の不足は、実は嘘で、政治家が建設業界に頼まれたというものだ。不足となれば、建設となり、業界が潤うとの内容だ。また、政治家へは、業界より見返りがあり、悪い話しではないらしい。

(第五千七十二段)


[PR]
by akasakatei | 2017-07-19 18:13 | 社会心理 | Comments(0)
<< 都議選周辺(とぎせんざっかん) 西武都内宿二十(せいぶしんじゅ... >>