新首相指令(しゅしょうのしんしじ)

()

b0031140_19531000.jpg
(現代はこの空のようだ:2017年6月24日撮影)


また、首相が妙な指示を講演で言ったようだ。
獣医学部を増やすみたいだが、それほど必要なものか。
先の問題絡みを隠したいだけなのではないか。
更に、その夫人も、マスコミに印象操作されているなど、被害妄

想的なことを講演で発言したと聞く。
正直、印象操作をしているのは、政権を守るため、都合の悪いこ

とを口にする者を潰そうとする御用新聞だろう。
発言が伝わらないのは、公の場で言わないからだ。
何れにしろ、国を潰しているのは、右派だ。
現政権は、全体主義社会の前段階的な様相さえ帯びている。
今後、それが強まるはずだ。

全体主義社会といえば、北朝鮮で、政治スローガンを盗んだ容疑

で、アメリカの学生が捕まっていた。その後、拷問の後遺症でアメ

リカに送り返された後に亡くなった。

北朝鮮の旅行においては、常に、誰かが監視も兼ね、付くものと

思っていたが、実際は違うのか。見られたくない場所があるためと

聞いたことがある。

(第五千五十九段)


[PR]
by akasakatei | 2017-07-07 19:52 | 社会心理 | Comments(1)
Commented by 河辺のオヤジ at 2017-06-24 22:37 x
その昔、ソビエト連邦への旅行を考えて調べてみた事がある。シベリア鉄道に乗ってみたかった。もちろんペレストロイカの兆しすら無かった頃で、旅行ガイド本によると、最初に当該期間に旅行の全日程を伝えその旅程通りに進めなくてはならず、ホテルは都市毎に指定された割高の外国人専用ホテルをとらねばならない。結局行くことは無かったが…。
<< 脳左右(そこから) 都議選解禁(とぎせんのはじまり) >>