都議選解禁(とぎせんのはじまり)

()

b0031140_19504056.jpg
(都議選の結果はどうなるか:2017年6月24日撮影)


テレビにも出ている円楽一門会のある噺家が、落語芸術協会にも

所属らしい。客分という。
何年か前、一門揃って、所属するとの話しもあったようだが、問

題となったのが、寄席を知っているかどうかだったようだ。
ホール落語と寄席では、かなり違い、寄席での前座経験というの

は、言われれば、噺家としては重要な気もする。
同日、成田屋夫人が亡くなり、会見がある。
先日、成田屋の自主公演を観たばかりだ。
夫人については、元気な頃、一度、劇場ロビーで見掛けた。
そうした中、世では、都議選だ。
有権者は、何を見、考え、投票するか。
相変わらず、首相は野党からの面会を断わり、先の会見内容が全

く嘘だったことが証明される。
都議選の朝、地元で、大きなキャリーバッグを引き摺る若い男女

がいる。
韓国語を話している。
時々、アジア系のこうした男女を見ることはある。
この辺りに住むのか、それとも、民泊か。
民泊にしては、西洋系の旅行者を見たことはない。

(第五千五十八段)


[PR]
by akasakatei | 2017-07-06 19:49 | 社会心理 | Comments(0)
<< 新首相指令(しゅしょうのしんしじ) 与党議員質(よとうのあやまち) >>