京王相模原乗合(けいおうさがみはらのりあい)

(

b0031140_18053228.jpg
(遅れてきた京王バス「桜84」:2017年6月18日撮影)


 六月十八日、学生時代の友人らとの散策だ。天気予報では、午後から雨だという。

 今月は、相模原駅北口から聖蹟桜ヶ丘までの京王バス「桜84」系統だ。

 京王と神奈川中央交通との共同運用だ。

 午前中が京王で、午後が神奈川中央交通だ。

 相模原を十二時三十分発の京王バスは十分遅れで発車する。

 途中、南大沢を経由する。

 相模原は、学生時代、基地があった記憶がある。引き込み線もあった。

 基地を大回りし、多摩丘陵へと進む。

 この辺りも知らぬ間に、店が増えた。車の列も目立つ。尤も、チェーン関係の店だ。

 察するに、これで遅れたのだろう。

 中学生の頃に訪れた時は、狸が出る雰囲気だった。

 遅れを回復出来ぬまま、聖蹟桜ヶ丘着。一時間の乗車であった。

 杯を交わした後、汗を流しに府中へ出る。

 浴室の絵は富士だ。

(第五千四十九段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-27 18:04 | 余暇 | Comments(0)
<< 多摩丘陵世(たまきゅうりょうのいま) 金魚鉢追星(きんぎょのおいぼし) >>