大妄想速報(おおうその)

()

b0031140_07415854.jpg
(平和が壊れるのは:2017年5月28日撮影)


 北朝鮮からのミサイルが排他的経済水域内に落下したという。発射から、半時間ほどして、速報が流れる。

 意外に時間が掛かっており、国内に発射されたなら、知らない間に着弾しているはずだ。

 同時に考えたのは、最近、アメリカと我が国は北朝鮮に対し、圧力を強めている。それも関係しているのではないか。

 とはいえ、北朝鮮のこうした発射は、現政権やアメリカの態度をより硬化させ、右派に傾けていくだけではないか。軍事がもっと強化されるに違いない。

 北朝鮮に利益があるのか。

 更にいえば、実は、この速報自体が、捏造ということはないのか。

 平成の治安維持法を成立させるべく、仕組まれたニュースということも有り得る。

 何しろ、最近の政権を見ていると、黒を白、白を黒と言っている調子だから、あっても可笑しくはない話しだ。

 首相にとって都合の良い国にするため、最早、私物化されている。首相の本質は、実は、北朝鮮の指導者と変わらないのかもしれない。

(第五千三十段)


[PR]
by akasakatei | 2017-06-08 07:40 | 社会心理 | Comments(0)
<< 幼児番組収録話(きょういくばん... 荻窪関東乗合車(かんとうおぎく... >>