現世異常観(げんざいはいじょう)

()

b0031140_18140714.jpg
(世は異常だが:2017年5月16日撮影)


鬱気味だ。
体調も悪く、また、先行きの見えぬ時代に不安を覚える。
今後、考え、思うだけで、捕まる時代が来る。
今は、昔とは違うと言う連中は、本当に歴史を勉強したことがな

いのだろう。
戦争を知らない国民も増え、安易に武力というが愚かなことだ。
国際環境が変わり、常に、脅威に晒されているというものの、そ

れは、外交が機能していないからだ。
だから、口封じで、平成の治安維持法が出て来るのか。
何れにしろ、近い将来、かなり違和感のある国になっているので

はないか。
現政権を見ている限り、民主主義とは遠く、司法は役目を果たし

ていない。
司法といえば、最近、車内トラブルの結果、線路内へ逃げる事件

が目立つ。察するに、冤罪が多いからではないか。最初から警察は

犯人扱いし、裁判所もまた話しを聞かない感じだ。
思うに、異常な世だ。このような社会では、安心して暮らせない。
仮に、これを異常と思わないなら、それもどうかしている。
                      (第五千十六段)


[PR]
by akasakatei | 2017-05-25 18:12 | 社会心理 | Comments(0)
<< 世財源(よのそこでは) 掛持数医者(いしゃのはしご) >>