国立山田歌舞伎(ぜんしんざしんさくかぶき)

()

b0031140_17595100.jpg
(五月公演のポスター:2017年5月14日撮影)

昨夜は、右手首が痛く、脂汗が出た。

ひと晩寝ても、未だ、痛みとアルコールが残る。

シャワーを浴び、芝居へ出掛ける用意をする。

外は曇りだ。

五月十四日、国立劇場での前進座歌舞伎『裏長屋騒動記』だ。
これは、山田洋次氏が脚本の新作歌舞伎だ。これは、落語『らくだ』、『井戸の茶碗』を下敷きにしている。
 客席は、関東近県からの団体が目立つ。観光バスが何台も、駐車

場に入って来る。

歌舞伎座とは、また、異なる客層だ。
今回、前進座による喜劇を目指すらしい。

確かに、笑いがあちこちにある。

氏の代表作の台詞や今後、公開される作品の宣伝もある。

台詞も分かり易い。

今後、再演されるかのか注目したい。
帰路、世田谷へ寄り、汗を流す。絵は富士と海だ。

昨夜のアルコールも抜け、さっぱりとした気分となる。

(第五千十三段)


[PR]
by akasakatei | 2017-05-22 17:58 | 文芸 | Comments(0)
<< 平和返(ひっくりかえすな) 新学年模様(しんがくねんになり) >>