呆人身事故(じんしんじこのあと)

()

b0031140_20032048.jpg
(ダイヤを回復するには:2017年5月4日撮影)


地元の郊外列車が、人身事故の余波で、ポイントの切り替えミスで、更に、遅れたという。
 手動にしたためとのことだ。
 このような時、京急は、全て人が対応し、遅れを取り戻すそうとするので、すぐにダイヤが戻ると聞く。
 地元の郊外列車では、回復するのに、早くて半日か。
 信号関係といえば、以前にも触れたが、車道を走る自転車の信号無視は、歩行者にも迷惑な存在だ。
 かなりの速度で突っ込んで来るから、横断歩道でも危険極まりない。
 かつての中国を思い出す光景をあちこちで目にする。
 道徳、規範がなくなっており、国民全体が愚かになっているからか。それを狙い、政権は、全体主義へ向かおうとしている。
 教養、想像力の欠如が甚だしい。
 そうした中、先日購入した戦前の句集を眺めていると、皇軍や除隊などが句に登場し、暫し、考えさせられる。

 当時、新体制に協力させられた人の胸の内を想像する。

(第五千十段)


[PR]
by akasakatei | 2017-05-19 20:02 | 社会心理 | Comments(0)
<< 国家崩(くにくずし) 有権者思考(ゆうけんしゃのあたま) >>