地元小田急乗合(ななふんのたび)

()

b0031140_19152935.jpg
(系統番号のない中和泉経由駅行きのバス:2017年5月4日撮影)


 最早、仙台市の教育は異常だ。

 この三年間で、三人が自殺している。今回もまた苛めが原因だ。機能していないのではないか。

 学校は、元々が異常な組織だ。外部からの意見を聞く耳を持たないところがある。

 そうした折り、仕事関係で、ギリシアの人から酒を貰う。ウゾというらしい。

そのギリシア人によれば、この連休中に、京都へ行くが、駅で新幹線の指定券が取れなかったとのことだ。ギリシアからも、事前に予約出来なかったというが、旅行会社を使ったのか。
 連休中のみどりの日、仕事前に営業所まで歩き、休日に片道一本しかない小田急バスに乗る。営業所と駅を結ぶもので、系統番号はない。地元の世捨て人も同行する。
 というのも、このバスは、世捨て人一家が住んでいる部屋の前を通り、その建物前にバス停がある。時刻表には、休日の一本しか出ていない。以前より、気になっていたらしい。
 営業所六時十六分のバスには、指導運転手も乗っており、約七分で終点の駅へ着く。見慣れた光景も普通と違うバスから見ると新鮮だ。

(第五千四段)


[PR]
by akasakatei | 2017-05-13 19:14 | 余暇 | Comments(0)
<< 端午節句夜(こどものひのよる) 恐怖憲法改正言(おそろしきけん... >>