御節介後日(むだなじかん)

()

b0031140_05060276.jpg
(世には有難迷惑もある:2017年4月29日撮影)


 世間では、一瞬、あれっと考えることが結構ある。

 仕事場で、人を募集したが、応募がない。

 そうした時、仕事場近くの議員が、知人を紹介してくれ、面接となった。

 議員によれば、還暦を過ぎているが、元気な女性だという。是非、働きたいと言っているとのことだ。

 面接当日、風邪で来なかった。元気というのは、嘘だったということだろう。

 後日、改めて、面接となる。件の女性は、議員の言葉とは異なり、時間的に合わないので、働けないと断る。

 ならば、面接をするだけ、双方の時間の無駄だ。

 この手のことは、見合いなどでも、ありそうなことだ。

 実際、会うと、相手に結婚する気がなく、上司の紹介のため、断れなかったというものだ。

 ドラマでも、ちょっと会うだけも会ってみない、などと世話焼きの婆が言ったりする。

 何れにしろ、時間の無駄で、双方にとっては迷惑なことだ。

                       (第五千二段)


[PR]
by akasakatei | 2017-05-11 05:04 | 社会心理 | Comments(0)
<< 恐怖憲法改正言(おそろしきけん... 外部逸事情(これぞじょうとう) >>