外部逸事情(これぞじょうとう)

()

b0031140_18241134.jpg
(人の本質とは:2017年4月29日撮影)


巷によれば、最近の北朝鮮への対応は、国内における平成の治安維持法成立のためとも言われる。
 まず、外に目を向けさせる。これにより、脅威を感じさせる。
 先日の地下鉄を停止させた処置は、ある意味、不安を煽った可能性もある。
 この間に、成立を考えているのではないか。
 法務省は事例を出すが、どう見ても、一般人が巻き込まれる。 
 花見の例など、笑うしかない。
 未然に防ぐためというが、冗談さえ言えない世になるはずだ。 
 かつては、よく調べもせず、昆虫の社会という本を買っただけで、逮捕されていた。
 今も同様のことが行なわれようとしている。
 人は、いつの時代も愚かということか。
 過ちを繰り返す。
 技術が進歩し、情報が、すぐに、世界中に伝わっても、結局、本質は変わっていないに違いない。
 そうした中、還暦を過ぎた婆が、不惑前と言って、男を騙していたらしい。首の皺で可笑しいと思わないのが不思議だ。
                       (第五千一段)
[PR]
by akasakatei | 2017-05-10 18:22 | 社会心理 | Comments(0)
<< 御節介後日(むだなじかん) 藤代辺散策(みどりのからふじしろへ) >>