藤代辺散策(みどりのからふじしろへ)

()

b0031140_20013734.jpg
(藤代行き関鉄バス:2017年4月30日撮影)


四月末、学生時代の友人らの集まりで、つくばエクスプレスのみどりのへ向かう。
 途中まで、梅ヶ丘にある右派で名高い大学の体育会が、下車する駅まで眠り呆け、慌てて下車しようとし、ドアに荷物を挟む。このため、列車が遅れる。
 駅前に出ると、待つ場所に苦労するほど何もない。
 十二時発の藤代行きの関鉄バスに乗る。
 休日に片道一本だけの運行しかない。
 意外に、このバスは、狭隘で、四十分ほどで結ぶ。
 佐貫の酒仙が見付けてきた。

藤代を散策する。

駐輪場、駐車場が多い。
 藤代へ戻り、常磐線で北千住に戻り、杯を交わす。

店のスタッフは外人だ。はい、と言った割りには、注文が通っていない。
 北千住には銭湯が多く、地元の千住の写真家の案内で駅より多少歩くものの、庭がある銭湯に入る。
 浴室の絵は北陸新幹線だ。

 (第五千段)


[PR]
by akasakatei | 2017-05-09 20:00 | 余暇 | Comments(0)
<< 外部逸事情(これぞじょうとう) 東中野辺歩(ひがしなかのあたり) >>