四月歌舞伎座夜(うげつかぶきざよる)

b0031140_22364295.jpg
(春の日曜の歌舞伎座:2017年4月23日撮影)


四月二十三日、夜は歌舞伎座へ行く予定だが、それまで、時間がある。
 テレビを点けると、特撮で母校が撮影に使われている。出身学部は、時々、このようにテレビで見掛ける。
 昼飯を済ませ、芝居前に銭湯へ行こうと思い、雑色へ出る。
 休日、この辺りでは、早くから開いている銭湯がいくつかある。
 浴室の絵は、富士と海だ。

ここから銀座へは、京急、浅草線で行けるので、意外に便利だ。

喫茶店で休憩後、劇場へ向かう。
 夜の部の演目には、『傾城反塊香(土佐将監閑居)』、『桂川連理柵(帯屋)』、『奴道成寺』が並ぶ。これらの内、『桂川連理柵(帯屋)』が目的だ。文楽では、観たことがある。今回、山城屋が演じる。

『傾城反塊香(土佐将監閑居)』は播磨屋だ。

芝居が終わり、地下鉄に乗ったところで、地元の郊外電車が事故で不通と知る。

京王線で大回りをして帰る。

新宿を通る分、精神的に疲れる。

(第四千九百九十四段)


[PR]
by akasakatei | 2017-05-03 22:32 | 文芸 | Comments(0)
<< 外人策(がいじんへのこと) 世厄介(よのやっかいは) >>