鉄道落語会(あかさかよせ)

()

b0031140_19482108.jpg
(落語会場:2017年4月9日撮影)

雨足が強くなり、歩くと濡れる状態になる。会場近くのアークヒルズで時間を潰す。意識高い系の連中や外人も多い。
 ところで、この落語会は六十回を数える。
 駒次さんの外、伊織さんがゲストだ。
 雨なのに、映画館同様、満員だ。年配者もかなりいる。

開場は十四時からだというが、十分前に着いたのに、既に、開き、何人かいる。

また、会場では、J―POPが流れている。こうした時、一般的には、御囃子だ。
 駒次さんは、鉄道落語以外に、新作が二席だ。

 伊織さんは古典だ。

 対照的だ。

 それにしても、熱心に通っている人も結構いるみたいだ。

 帰路、梅ヶ丘で下車し、銭湯へ寄る。

 雨も上がったものの、やや寒い。

 銭湯は、駅から歩いて十分ほどの場所にある。

 浴室の絵は、模様だ。

(第四千九百八十三段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-22 19:47 | 文芸 | Comments(0)
<< 英語偏重害(えいごけんはがい) 映画猫集家(えいがねこあつめのいえ) >>