映画猫集家(えいがねこあつめのいえ)

()

b0031140_19460253.jpg
(映画館のロビー風景:2017年4月9日撮影)


アメリカがシリアに対し、攻撃する。化学兵器を使ったからとのことだ。これが、益々、問題を複雑化させている。
 我が国は支持するという。
 そうした中の四月九日、早朝、雨の新宿へ向かう。
 映画『ねこあつめの家』を観るためだ。例により、猫が出て来るからだ。
 客席は、ほぼ満員で、子供も目立つ。
 原作はゲームアプリらしい。
 物語は、スランプになっている作家が、再生するものだ。
 地下鉄で故郷へ移動する。
 昼食に、以前に入ったトルコ料理店で味を楽しむ。トルコの地酒があり、注文すると、トルコ人のスタッフが朝から四十五度の酒を大丈夫かと心配する。
 故郷に移動したのは、午後から、落語会があるためだ。鉄道落語の駒次さんの会だ。
 食後、産土神へ挨拶する。途中、雨に濡れた桜を愛でる。このような場所にあったかという所で目にする。
                   (第四千九百八十二段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-21 19:44 | 文芸 | Comments(0)
<< 鉄道落語会(あかさかよせ) 新判断基準(せんそうへのことば) >>