春西船(さくらにいざなわれちた)

()

b0031140_17291133.jpg
(津と中部国際空港を結ぶ高速船:2017年4月4日撮影)

翌三日、快晴で暖かい。親戚を訪ねた後、ホテルに戻る。
昨夜の偕楽公園を再訪する。
出店が何店も並ぶ。
中に、タニシを出す店があり、試しに頼む。
串焼きだ。
俳句歳時記では、野趣のある味とされる。
ビールを飲みながら、片手で串を持つ。
小腹を満たし、一旦、宿に戻り、湯に入る。
さっぱりした後、宿で貰った割引券が使える店で、三重の酒を楽

しむ。

翌四日、昨日同様、晴れている。
バスで津の港へ出、九時発の高速船で中部国際空港へ渡る。一時

間に一本しかない。四十五分で着く。
中部国際空港より十時四十分の知多乗合のバスで、刈谷へ向かう。
この日の宿は、大府だ。
ここで泊まるのは、亀崎に用があるためだ。
駅から離れたレストランが復元した尾州早すしを食べようと思う。

これは予約制だ。
(第四千九百七十八段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-17 17:28 | 余暇 | Comments(0)
<< 春西三河市(さくらにいざなわれ... 春西津(さくらにいざなわれつ) >>