弥生末世間(やよいのすえに)

()

b0031140_18295774.jpg
(春になって:2017年3月30日撮影)


栃木の雪崩に関する関係者の会見を見る。
謝罪はなく、説明という感じだ。
亡くなった高校生らの学校の関係者だが、他人事との印象も受け

る。
印象といえば、首相の答弁か。
よく印象操作の言葉を使うが、今回は、以前にも触れた某企業の

二代目の言葉を思い出す。
特に、先の証人喚問だ。
呼び出した本音は、以下だろう。
よくもボクちゃんを侮辱ちまちたね、許ちまちぇんよ。
ちんけな人物にしか見えない。
そうした折り、先日、倒産した格安の旅行会社の内定者について、

引き受けを申し出たところがあった。
五十人といえば、かなりの数だ。
それも面談はしないようだ。
それにしても、世間では、未だ、安いものは人気なようだ。
何かあるとは考えないみたいだ。
絡繰を気にすべきだ。
企業努力と勘違いしてはならない。社会貢献と言っていても、行

なっている会社は少ない。利益追求集団ということを忘れてはなら

ない。
忘れるといえば、核禁止条約交渉で、我が国は欠席した。被爆国

として、先のそれを知らぬ輩が増えた故、平和への思いがないので

ないか。

(第四千九百七十二段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-11 18:28 | 社会心理 | Comments(1)
Commented by 河辺のオヤジ at 2017-03-31 07:36 x
テレビの映し方や編集のやり方もあるから完全には分からないけど、確かに他人事のような説明でした。
旅行代理店の内定者への救いの手?は数社から出ているらしいですね。対外的に会社のイメージ戦略もあるかもですが、人気業種への内定者で人材として期待できるという理由を挙げている社もありました。何にしろ良いニュースでした。
安いものに惹かれるのは自分もそうなのでバツが悪いですが、スーパーを比べて数円安いものへと奔走するよりは無駄な買い物を控える方が節約と思ってはいます。 
政府の不遜さは前より常にですが、最近はあからさまに過ぎていると感じます。まあ何をしても一向に選挙の議席も減らないし支持率も微減程度、そりゃあ天狗にもなるでしょうよ。
<< 春西旅立夜(さくらにいざなわれ... 三寒四温日(さんかんしおんのひび) >>