三寒四温日(さんかんしおんのひび)

()

b0031140_19080992.jpg
(季節は巡り:2017年3月29日撮影)

もう四月だというのに、気温が安定しない。
暖かいかと思えば、翌日は冷たい雨で、体調管理が難しい。
地元の世捨て人も外飼いしている金魚、泥鰌の水換えに頭を悩ま

している。
冬眠明けのそれは、判断が難しい。
世捨て人で思い出したが、世捨て人の三歳の娘が、テレビで北朝

鮮の指導者を見て、大仏、大仏と騒いだらしい。確かに、そのよう

な感じだ。
そうした折りの仕事帰り、地元で笑い掛けて来る女性がいる。
誰かと思えば、時々、足を運ぶ喫茶店の女主人だ。
エプロンをしていなかったので、分からなかった。
分からないといえば、この社会は何処へ向かうのか。
国際社会を掲げたかと思えば、国内では軍国主義だ。
極端な思考に走り勝ちな世のため、戸惑うばかりだ。
戸惑うといえば、来年、大阪市営地下鉄が民営化されるという。
東京地下鉄では、正直、副業に力を入れ過ぎ、本業そのもののサ

ービスは落ちた。
(第四千九百七十一段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-10 19:06 | 社会心理 | Comments(0)
<< 弥生末世間(やよいのすえに) 国本質(くにのしつ) >>