採用道(げんばのこえ)

()

b0031140_15234824.jpg
(列車に乗って:2017年3月23日撮影)


 雨の日曜、チラシを取りに劇場を回る。

 昼食を時々行くフランス料理屋でする。

 後から女子会のグループが来る。その中のひとりが四月中に退職するらしい。年齢は四十代くらいか。

 有給についての話しで盛り上がっている。退職時に使うか否かだ。

 このご時世に転職とは、と思う。

 ワインをサービスして貰い、地下鉄に乗る。

 列車に揺られながら考える。

 例えば、職場において、人手不足なので、今度、アルバイトの新しい六十代の女性を入れるかもしれないと責任者が言っていた。

 この人は、元体育教師らしい。

 考えるのは、今までにいた人と一緒にやっていけるかどうかだ。

 これを考えず、ただ、人がいない、何かが出来るというだけで入れると失敗するのではないか。

 人を採用する場合、そうしたことも考えて貰いたいものだ。

 職場での人間関係は難しく、面倒になることも多い。

 それを未然に防いで欲しいものだ。

(第四千九百六十八段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-07 15:22 | 社会心理 | Comments(0)
<< 弥生日曜雨(やよいのやすみのよ) 桜早咲(さくらはさいたが) >>