平成風刺文化弱(へいせいふうしのほうこう)

()

b0031140_18213342.jpg
(庶民が求めるのは:2017年3月24日撮影)


脳学者の発言に、お笑い芸人らが反発したという。
正直、今のお笑い芸人らを見ていて、笑えことは少ない。笑って

いる人は、何が面白いのか、そちらに興味がある。
江戸のように、風刺がなく、他人を小馬鹿にしたようなものが目

立つから、見ていても面白くはない。
そうした意味で考えると、落語のマクラなど、未だ、風刺はある。
芝居は、どうか。
以前にも触れたが、芸術扱いする人が多い故、そうした力はない。
江戸のような庶民視点での芝居を観たいものだ。
尤も、歌舞伎が、富裕層の娯楽になっている現在、難しい話しで、

まず、興行会社が納得しないだろう。
今、様々に言われる森友学園の件など、芝居仕立てにしたら、結

構、庶民受けはするのではないか。
ただ、話題になっている間に書ける作者やプライバシーが絡み、

なかなか難しいのが現実だ。
社会的な芝居といえば、新劇もあるが、下手に難しくなり、庶民

向けとは考え難い。

(第四千九百六十六段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-05 18:20 | 社会心理 | Comments(0)
<< 桜早咲(さくらはさいたが) 復曲能阿古屋松(のうあこやまつ) >>