偽文明国家(にせぶんめいのくに)

()

b0031140_19221388.jpg
(科学技術は本当に信じられるのか:2017年3月8日撮影)


春分の日、牡丹餅を食べる。店では、おはぎとなっている。よくこの違いが問われるが、ここでは、季節説とする。
 そうした中、豊洲新市場移転関連で、元都知事が証人喚問される。
科学を信じないのは、文明国家ではないとした。
 果たして、そうか。
 原発事故は、どうなのか。安全とされたのに、この結果だ。
 同日、東京五輪の会場となるゴルフ場が、女性会員を認めるとした。外圧に屈した感じた。
 ここで、識者の発言に違和感を覚える。
 私的団体でないから当然、とした女性評論家は、その経過を踏まえているのか。
 また、都知事は感想において、多様性を分からぬ横文字で言っていた。
 日常生活で使わぬ横文字は混乱するばかりで、そのまま、多様性で良いではないか。
 それにしても、見回せば、まず、通じない横文字を使う輩の何と多いことか。
 新聞では、わざわざ()で、日本語に直している。
 理解出来ない。

(第四千九百六十三段)


[PR]
by akasakatei | 2017-04-02 19:20 | 社会心理 | Comments(0)
<< 問題文発想(もんだいぶんより) 春分頭調子(しゅんぶんのたいちょう) >>