浅草夜裸笑(あさくさふらんすざのれきし)

()

b0031140_23363768.jpg
(浅草東洋館:2017年3月18日撮影)


十四時過ぎに解散となる。

神保町に出、最新の鉄道雑誌を買う。

JRで浅草橋まで向かい、駅近くの銭湯で酔いを醒ます。浴室の絵には洋館が描かれる。
 浅草まで歩く。
 浅草へ向かうのは、十九時から東洋館で、「ストリップ&東洋興業70周年特別企画」として、『裸と笑いの殿堂フランス座を語る会』があるからだ。直前に知り、申し込む。 
 少々疲れ、浅草に着き、喫茶店で休む。隣りでは、タロット占いをしている女性がいる。若い女性が聞いている。
 夕飯は、酔い醒めに軽く済まそうと、頭に饂飩が浮かぶ。蕎麦屋を探すも意外にない。
 それでも、何とか探す。饂飩専門店だ。
 ところで、今回の催しは人気があるみたいだ。指定席の入手に苦労する。自由席もあるものの、並ぶのは疲れる。
 実際、席は満員で女性も多い。客層は、当時を知る年配者が中心だ。

(第四千九百六十段)


[PR]
by akasakatei | 2017-03-30 23:35 | 文芸 | Comments(0)
<< 春彼岸怒婆(はるのひの) 江戸写絵会(りょうていでのえど... >>