映画彼本気編時(かれらがほんきであむときは)

()

b0031140_23204130.jpg
(作品の案内:2017年2月25日撮影)


二月二十五日、仕事帰り、丸の内へ寄る。映画『彼らが本気で編むときは、』を観る。
 本来なら、翌日、近くで芝居のため、その帰りに足を向けたかったものの、その日は、年に一度の都内が大混乱する日だ。悪評しか聞こえない東京マラソンである。
 通りの反対に行くだけなのに、大回りをさせられる。
 移動の面倒を考え、この日とする。
 ところで、足を運んだのは、温かい物語と目にしたからだ。
 物語は、ひとりのトランスジェンダーが主人公だ。
 身体のみ変え、戸籍は、未だ、変えていない。
 その主人公に対し、物語に出て来る女性らは、人権侵害の言葉しか掛けない。典型的な世にいる嫌な女を思い出す。

大体、女性というのは、自己中心的で、面倒な存在だ。この作品でも、女性の多くは、そのように描かれる。

思うに、現実におけるこの問題で、人権侵害しているのは、女性ではないか。特に、男の部分が残っていると、その傾向が強いように思える。

(第四千九百三十八段)


[PR]
by akasakatei | 2017-03-08 23:19 | 文芸 | Comments(0)
<< 夜人身事故(しれいのいとがわからぬ) 見掛策(そこをみないと) >>