二六二紀伊國屋寄席(きのくにやよせ)

()

b0031140_22241126.jpg
(開場前の紀伊國屋寄席:2017年2月14日撮影)


 学校に対する不信の多くは、教師が世間を知らないためだろう。

 横浜で、一転、苛めと認定し、教育長が謝罪した。世間の声で、動いたとしか思えない。

 一宮では、認めていたものを校長が撤回した。説明を聞いても要領を得ない。上からの圧力と疑われても不思議ではない。

 学校とは社会の縮図というものの、確かに、その一面とはある。

 そうした中の二月十四日、新宿の紀伊國屋ホールへ仕事帰りによる。

 「第262回紀伊國屋寄席」で、先日、文士劇の際、ポスターを見た。馬桜師匠が「明烏」、また、仕事場へ来たことがある小文治師匠が出演とあった。

 これを目的で足を運ぶ。

 他には、橘也さん、たい平師匠、主任が圓楽師匠だ。

 よく落語を聴き、社会が分かったという人がいる。

 落語には、世にいる大概の人がおり、ある意味、その通りだ。

 この日の会場は、テレビに出ているふたりの噺家が高座に上がることもあり、大入りである。

(第四千九百二十二段)


[PR]
by akasakatei | 2017-02-20 22:19 | 文芸 | Comments(0)
<< 我小春(きょうしはおらがはる) 噂耳席(うわさがきこえ) >>