平日休夢想(きゅうけいちゅうに)

()

b0031140_12534356.jpg
(休日には:2017年2月3日撮影)

 
 朝から雪の休日、よく行く地元の喫茶店に足を運ぶ。

 誕生月ということで、割引カードが送られて来る。

 それを出し、ラム酒ココアを頼むと、ケーキもどうかと言われ、つい焼きリンゴのタルトを注文する。

 待つ間、色々と考える。

法相、及び、防衛相の言葉を聞くに、平和が遠いことを感じる。

 大本営と変わらぬ、危うさを思う。

 愚かな選択をしたのではないか。

 有権者は、何を基準に選んだのか。

 そうした折り、地元の世捨て人が、何年か前に住んでいた場所で、轢き逃げ事故があった。

 逃げたミキサー車の運転手は、数時間後に逮捕されたものの、被害者は死亡した。

 犯人は、事故には気付かなったという。

 大型車の運転席からは、死角になるとはいうものの、それでは、欠陥車を走らせているようなものではないか。

 尚、この日、警察の車両がかなり駆け付け、現場付近が、一時、通行止めとなった。

 このため、混乱が生じたと耳にする。

                     (第四千九百十七段)


[PR]
by akasakatei | 2017-02-15 12:52 | 社会心理 | Comments(0)
<< 御用心末世(ねんぶつがどこからか) 休日楽(やすみなのに) >>