町田市地域乗合相原(そうしゅんのあいはら)

 
b0031140_1733263.jpg

(「町28」系統:2017年2月3日撮影)


四十八になった日、町田ターミナルより「町28」系統に乗る。青少年センター入口までを結ぶ。
 町田市のコミュニティバスで、「まちっこ」の愛称があり、平日に三本しかない。
 十時二十五分のバスに乗る。
 運行は神奈川中央交通だ。
 バスは町田街道を進むが、途中、脇に入る。
 これは町田市とも関係があるのだろう。実際、終点の青少年センターは、大戸までを結ぶバスのひとつ手前だ。
 それなら、大戸までを結べば良さそうだが、町田市ということで難しいに違いない。
 尚、この系統は、母校の下を走る。
 二十五年前に通った道を走るものの、知らぬ間に、相原駅近くにあったバス乗り場はなくなっている。駅近くまで、バスが入るようになっている。
 十一時三十五分、青少年センター入口に着くと、早春の山里だ。
 近くに食事が出来る店はなく、大学まで足を延ばし、卒業した学部の学食に入る。春休み時期ということで、営業時間は短くなっている。
 食後、図書館により、廃棄された本を貰う。故永井荷風氏の劇評に関するものだ。
(第四千九百十段)
[PR]
by akasakatei | 2017-02-08 16:58 | 余暇 | Comments(0)
<< 行政悪見識(ぎょうせいのせかい) 如月理不尽記事(にがつにはいっ... >>