盛岡文士劇新宿(もりおかぶんしげきとうきょうこうえん)

()

b0031140_17261421.jpg
(開場前:2017年1月28日撮影)

正月明けから、どうも空回りしている。病が続き、それに、うっかりや読みが外れることが目立つ。病も含め、事が一回で済まず、時間を無駄遣いしている気がする。
 大いに気が滅入る。
 そうした中の旧正月、中国でいう春節、久し振りに、土曜の休みだ。何年振りか。
 盛岡文士劇東京公演を観るため、それほど、仕事が忙しくなかったこともあり、休みを取る。
 ただ、先週からの腹痛は続く。
 芝居は、新宿の紀伊國屋ホールで、行なわれる。
 現在、それは名前通り、盛岡が中心で、演目も、それに因んだ作品が並ぶ。
 『もりおか物語』、『みちのく平泉 秀衡と義経』だ。
 かつて文士劇は盛んだったというが、今はどうなのだろう。かつてとはいっても、出版社が絡んでいた頃だ。
 芝居自体を楽しむ人も減っている。
 ところで、今回の東京公演は、二日間の三回だけだ。
 それでも、客席は満員だ。ほとんどが、縁で来ている感じだ。
 まず、最初は現代劇の『もりおか物語』だが、盛岡で演じられた物の半分に短縮されている。故小津監督の作品を元にしている。
 口上を挟み、時代物の『みちのく平泉 秀衡と義経』だ。後半、義経が大陸に渡った伝説を使い、未来に繋げている。

(第四千九百六段)


[PR]
by akasakatei | 2017-02-04 17:29 | 文芸 | Comments(0)
<< 乗合東武三郷中央駅(とうぶみさ... 睦月平日朝(へいじつのあさのこと) >>