寒日常(かんにはいって)

 
b0031140_19293856.jpg

(本当に大切なのは:2017年1月15日撮影)


人工知能が話題になっている。本当に、人間にとって良いのか。これにより、仕事を失う人も多いはずだ。
 合理化だけを目的とすると、歪な社会が待っているだけだ。
 結果、小田原市のように生活保護への誤った対応をする自治体も出て来るのではないか。
 更に、この類で思い出すのが、先の将棋界における不正ソフトの一連の騒動だ。
 騒動といえば、地元の世捨て人より連絡が入る。
 幼稚園の体験保育について、一週間延期になったという。
 何でも、園長が急逝し、葬式のためらしい。急に、倒れたとのことだ。
 このため、幼稚園は混乱しており、今後、如何なる教育方針になるのか、と世捨て人は考えているようだ。
 そうした折り、右足の薬指に痛痒さが生じる。
 見れば、腫れている感じだ。
 仕事帰りに、予定を変更し、医者へ寄ることにする。
 診断は霜焼けで、この日は結構多いと医師が話す。
(第四千八百九十七段)
[PR]
by akasakatei | 2017-01-26 19:27 | 社会心理 | Comments(0)
<< 雪雲模様朝(ゆきのまえ) 小正月時期(こしょうがつすぎ) >>