快晴冬(あるはれたふゆ)

 
b0031140_13163340.jpg

(ある冬の晴れた日に:2017年1月12日撮影)


大掃除、翌日は休みで、床屋へ行く。
 その途中、ジュースの自販機の釣銭を確認している年配男性がいる。
 男は、地元にある研究所に入って行く。
 身形も良く、小銭に困っている様子には見受けられないものの、意外と、困っているのか。
 何れにしろ、考えている以上に、人々の貧困は進んでいるのかもしれない。
 散発後、いつも足を運ぶ喫茶店へ寄る。
 コーヒーで寛ぐ。
 休憩後、昼食とする。
 これもいつも行く店で、杯を傾けながら、食事とする。
 帰り道、早梅を見る。
 緑色の雀くらいの鳥が二羽、枝から枝へと遊んでいる。
 快晴で、青空に映える。
 散歩途中らしい年配夫婦のうち、妻が、何の鳥かと話し掛けて来る。
(第四千八百九十三段)
[PR]
by akasakatei | 2017-01-22 13:14 | 社会心理 | Comments(0)
<< 米流罠(じつぎょうかいのおろかさ) 現代版長屋花見(げんだいばんな... >>