新春巷(しんしゅんのよ)

b0031140_20263898.jpg

(世の中には予期出来ることもあるが:2017年1月5日撮影)


初詣について、乳母車が話題になった。
自粛を求める寺があったという。
経緯よりも結果だけで、あれこれ言われているけれど、ここ数年
の住職の話しを聞けば納得する。
傍若無人な親、それにより、怪我人も出たとなると、仕方がない
ことに違いない。
この問題が出ると、差別云々とされるが、如何か。
新年より、騒がれているといえば、アメリカ向けの車の工場をメ
キシコに作った場合、次期アメリカ大統領が、高い税を掛けると騒
いでいる。
これにより、市場は騒然となった。
騒ぎといえば、日韓関係か。
韓国での慰安婦像の設置で、泥沼化している。
我が国における戦争中の決算が出来ていないこともあるだろう。
 仮に、決算が出来ているなら、今の政権を許さないはずだ。
 更に付け加えるなら、防衛大臣が靖国神社へ参拝しに行ったこと
自体、もっと問題視されるのではないか。
(第四千八百八十七段)
[PR]
by akasakatei | 2017-01-16 20:24 | 社会心理 | Comments(0)
<< 新春演舞場髙嶋屋昼(ふたごすみ... 乗物誤対応(ここすうじつで) >>