乗物誤対応(ここすうじつで)

 
b0031140_19412069.jpg

(バスの運転手による車内点検が疎かになっていると言われて久しい:2017年1月5日撮影)


翌日、バス会社より連絡がある。
 差額を昨日言った際、返金されることになった。
 ただ、それに関し、ICカードの履歴を印字して貰いに行く必要がある。それに基づき、営業所より担当が持って来るという。
 早くても、連休明けになりそうだ。
 何れにしろ、今回の件について、運転手はひとつ勉強になっただろう。
 それにしても、どこで運転手は間違えたのか。
 営業所全体に問題があったかどうかは、訪れる担当者に確認するつもりだ。
 お客様センター絡みでいえば、地元を走る鉄道について、年末に列車遅延時の対応を質問した。
 その回答が来る。
 基本的なことで、今後は様々なことを考えたいと言って来る。
 具体的なことが見えず、再度、質問する。
 というのも、元旦にも遅れた。
 ホームでの行き先案内板は、明らかに可笑しかった。
(第四千八百八十六段)
[PR]
by akasakatei | 2017-01-15 19:40 | 社会心理 | Comments(0)
<< 新春巷(しんしゅんのよ) 正月面倒事(しょうがつのめんど... >>