京王乗合免許維持系統旅(けいおうめんきょいじろせんのたび)

b0031140_14155635.jpg

(本日の「調21」最終バス:2017年1月5日撮影)


正月五日、京王バスの全線一日乗車券を使い、免許維持路線に乗ろうと思う。
 地元のバス停、八時二十三分の調布駅に乗り、運転手に乗車券を言ったところ、年末で廃止になったという。
 改めて、京王バスグループの経営の苦しさを知る。
 最近、京王バスグループは、免許維持路線が軒並み、廃止された。
 仕方なく、普通料金で払う。これから乗ろうと思う系統は、均一料金ではない。都内の一日乗車券では乗れないので、意味がない。
調布駅九時二十五分の「調21」の稲城市立病院行きに乗る。平日の一本しかない。
 ロータリーでバスの写真を撮っている少年がいる。乗るのかと思っていたところ、撮影している間に、バスは動き出す。少年は走って追い掛けるが、無情にも、乗せないまま、出発する。
 バスは多摩川を越え、南武線沿いに走る。
 九時四十六分、終点着。
 ここから、府中を結ぶ「府61」に乗り継ぐ。次は十一時四十五分発だ。二時間弱を病院内の食堂で過ごす。
 府中へのバスは、調布からのバスよりも乗車率は良い。途中からも乗って来る。
 橋を渡り、是政を経由し、二十分ほどで、府中へと入る。
(第四千八百八十四段)
[PR]
by akasakatei | 2017-01-13 14:14 | 余暇 | Comments(0)
<< 正月面倒事(しょうがつのめんど... 恒例税務署(まいとしのとしはじめ) >>