酉年三日目初詣(みっかのはつもうで)

b0031140_13312523.jpg

(消えた幼稚園:2017年1月3日撮影)


正月三日、漸く、これから三日間休みである。
早起きが続いたからか、四時には目覚める。初夢は見なかった。
十一時過ぎに初詣へ行く。産土神だ。
通った幼稚園の前を通ると、建物が取り壊されている。移転か、
老朽、それとも、廃園か。
ところで、神社は、この日なら空いていると思っていたところ、
意外にも行列が出来ている。
そういえば、元旦、千代田線を使って出勤したが、明治神宮前、
乃木坂、湯島と、初詣帰りの人が朝早い列車に乗り込んで来た。
改めて、最近の神社を考える。
それにしても、三日ともなると、列車はいつもの休み以上に込み、
少々疲れを覚える。
それでも、帰路、神保町へ出、昨日、発売の『かぶき手帖』の最
新版を購入する。
 襲名が続く梨園だからか、かなり変動している。
 今年は、どのような芝居を見せてくれるか。
(第四千八百八十二段)
[PR]
by akasakatei | 2017-01-11 13:29 | 社会心理 | Comments(0)
<< 恒例税務署(まいとしのとしはじめ) 酉年初仕事(はつしごとは) >>