大晦日仕事(おおみそかのせけん)

 
b0031140_16485029.jpg

(大晦日風景:2016年12月31日撮影)


大晦日、仕事である。
 六時半に市役所前を通ると、ラジオ体操中である。
 一見、いつもと変わらない光景だ。
 この日も朝、仕事場近くの喫茶店に寄る。
 両親と中学生、小学生の家族が入って来る。
 ふたりの子供は女の子で、父親が姉の方に説教している。
 もっと頭の回転を良くしないといけないと言う。
 ところで、仕事場では、鏡餅や門松を準備する。訪れた外人が、意味を訊ねる。
 訊ねられた責任者は、英語は出来るものの、由来を知らない。
 今回、責任者からの指示であちこちに飾ったからか、後で訊かれる。
 何年か前、年中行事追体験をした。
 あの頃は、年末年始は休みだったから、あれこれ出来た。
 今は、その余裕もない。
 それにしても、以前は、年末らしくない光景、例えば、商店街は営業していたけれど、この何年かは休んでいる店も目立つ。不思議だ。
(第四千八百八十段)
[PR]
by akasakatei | 2017-01-09 20:33 | 社会心理 | Comments(0)
<< 酉年初仕事(はつしごとは) 師走末労働(しわすのろうどう) >>