年末朝風景(ことしもまた)

 
b0031140_748585.jpg

(年末年始は:2016年12月25日撮影)


以前にも触れたが、ここ数年、年末年始は調子を崩す。
 今年もまた腹調子が良くない。
 内科の門を叩き、薬を貰ったが、その数日後、朝から激しい下り特急となった。
 何度もトイレ通いだ。
 この症状は、ひと月前もあった。とはいえ、下り特急にはならなかった。
 その時は、感染性胃腸炎と診断された。
 新聞によれば、感染性胃腸炎が流行しているとあったけれど、どこで感染したのか。
 仕事場では、咳の風邪が流行している。
 やや異なる。
 様々に考える。
 そういえば、仕事場の新しい責任者は、風邪の時は、休んで良いと言っていた。
 ふと頭に過る。
 結局は、そのまま仕事場に向かう。
(第四千八百七十五段)
[PR]
by akasakatei | 2017-01-04 07:46 | 社会心理 | Comments(0)
<< 不手際三事(ふてぎわばかり) 偏食子(すききらいのはなし) >>