師走青梅乗合旅(くれのおうめ)

b0031140_19243048.jpg

(花小金井に到着した都バス:2016年12月25日撮影)


降誕祭、学生時代の友人らとの散策である。
今年のテーマは、先月に終わり、来年のテーマである路線バスの
プレとする。
今回、都バス最長の「梅70」系統を青梅に集まり、花小金井ま
で乗る。
この系統は、何年か前に乗った。当時は、西武柳沢からで、何年
か前に、短くなった。
路線バスに乗る場合、距離、免許維持、狭隘が対象になると思う
けれど、今回は距離だ。
青梅駅から青梅車庫まで歩き、十三時四十分のバスで、終点を目
指す。
沿線には古刹も目立ち、既に、新年の準備を終えているところも
ある。
車内は満員というほどではないが、座れるほど空いているわけで
もない。
一時間四十分ほどで、花小金井へ着く。
杯を交わすも、佐貫の酒仙が先を急ぐため、早々に散会する。
帰路、高田馬場の銭湯で身体を暖める。珍獣のいる銭湯だ。
(第四千八百七十二段)
[PR]
by akasakatei | 2017-01-01 19:20 | 余暇 | Comments(0)
<< 歳末旧街道風景(ねんまつのさと... 仕事質(しごととは) >>